2011年9月29日に亡くなった大塚彩子先生の思い出

大塚彩子 生涯と作品

1912年 父・大塚樹三 北海道小樽市に生まれる。
1917年 母・其田スミ 北海道南茅部郡臼尻町(現・函館市臼尻)に生まれる。
1934年 樹三とスミ、北海道函館市にて結婚。函館大火のために札幌に転居

誕生~学生時代

1948年
(0歳)
8月1日 大塚彩子、三男三女の六人兄弟の末っ子として札幌市中央区南9条にて出生。
1954年(6歳) 札幌市立曙小学校に入学

1957年(9歳)

クラッシックバレエを始める。

1960年(12歳)

札幌市立中島中学校に入学
1962年(13歳) ブロードウェイ・ミュージカルの映画「ウェスト・サイドストーリー』を見て大きな衝撃を受ける。この経験が将来に決定的な影響を与えることとなる

1963年(15歳)

北海道札幌南高等学校に入学。バスケットボール部で活躍。アメリカ映画『風と共に去りぬ』を見て深い感動を覚える。全部で5回見るほどの熱狂ぶり。

1966年(18歳)

高校卒業後、東京女子体育大学に進学し上京するも、大家族で育ったがゆえにホームシックにかかり、たったの二ヶ月で中退

1967年(19歳)

藤女子短期大学に再入学。 当時バスケ部がなかったので友人とバスケ部を創設。以後はバスケットに情熱を打ち込む

1969年(21歳)

短大卒業後、修行のため単身上京。市川桂子、小桜葉子の教室に学び、美容体操および健康食によるダイエット法を研究。

1970年(22歳)

服飾関係の専門学校で、裁縫、服飾デザイン等を学ぶ。

1971年(23歳)

運営資金を準備するために弁当工場にてアルバイトの傍ら、スタジオセイビの前身である「ジュール美容教室」を設立。

1972年(24歳)

有限会社「ミセス・サイコオフィス」を設立し、札幌市中央区南2条西5丁目の雑居ビルに物件を借り「札幌整美体操教室」を開設。プロポーション体操、モダンバレエの指導をする。当時、札幌冬季オリンピック開催を背景とした道内の好景気の波に乗り、江別、円山、苫小牧等に次々に外部教室を開講。

スタジオセイビ

1974年(26歳)

世の中はダイエット・健康ブームで生徒数を急激に拡大していきながら、独自の美容体操理論を確立する。テレビや雑誌等への出演が増える。長男出産。

1975年(27歳)

「さっぽろ整備体操スタジオ」と改称し法人再登記する。このころから、ニューヨーク・ブロードウェイスタイルのジャズダンスの指導を始める。教室のレッスン生のための発表会や舞台をはじめる

1977年(29歳)

次男出産。静岡県の沖正弘先生のヨガ道場に入門。スタジオ内に沖ヨガ連合会北海道支部を設立し、以後、毎年沖正弘先生を招聘し、講演会等を行う。

1978年(30歳)

中央区南1条西4丁目の三金ビルにスタジオ移転。

1980年(32歳)

三男出産 教室を中央区南1条西2丁目交通公社ビルにスタジオ移転。道内での舞台活動が活発になる。ニューヨークから多数のダンサーを招聘する。

1984年(36歳)

中央区南1条西5丁目日住金札幌ビルにスタジオ移転。「スタジオ・セイビ」と改称する。舞台プロデュースを専門に手がける会社「彩プロデュース」設立。

1987年(39歳)

テレビ番組パック2レギュラー出演

1989年(41歳)

ニューヨークブロードウェイ・ゴールドフローレンス劇場で舞台公演を行う

1990年(42歳) 東京で初めての舞台公演を行う。北海道ではじめてのプロダンサー、インストラクターを専門に養成する本格的スクール「セイビ・インストラクター・ダンサーズスクール」開校

1991年(43歳)

著書『おいしいカラダ』刊行

1994年(46歳)

東京で2回目の舞台公演「クラブ・ルネッサンス」を上演

1995年(47歳)

初の本格的オリジナルミュージカル『札幌物語』上演

1996年 (48歳)

石狩町市制施行記念事業「いしかり歴史野外劇」演出・総合プロデュースを手掛ける

げきだん夢

1998年(50歳)

「げきだん夢」設立  劇団旗揚げ公演『風恋歌』上演(北海道厚生年金会館)テレビ番組『なまらキッズ』、『おれがん』制作。

1999年(51歳)

ミュージカル『特別じゃない夢』上演。このころからよさこいソーランの振付・指導を始める。

2000年(52歳)

テレビ番組『おれがん2』制作。HBC情報バラエティ番組「ビタミンTV」金曜日レギュラー出演

2001年(53歳)

4月に子宮筋腫の手術。ミュージカル公演『すべての君を抱きしめて』、『人間になりそこなった妖精』『シャイニング ・ドリーム~輝く夢』上演。

2002年(54歳)

ミュージカル『風に乗った夢』『エポック博士の大発見』『花咲かOL』上演

2003年(55歳)

胆管結石による2回目の入院・手術。この経験から、ミュージカル『花咲かナース』を作り、上演。

2004年(56歳)

ミュージカルドラマ『フォリス』『フォリス第1話』
テレビドラマ化『人間になりそこなった妖精』上演

2005年(57歳)

ミュージカル『誓いの青い鳥』『フォリス』第2、3話公演

2006年(58歳)

ミュージカル「雨のち晴れ」公演 孫リク誕生

2007年(59歳)

ミュージカル「I LOVE ?」公演

2008年(60歳)

ミュージカル「人間になりそこなった妖精」キッズ版公演

2009年(61歳)

両肺にがん細胞が発見される。入院し手術する。その後、西洋医学(抗がん剤、放射線)に頼らない独自の治療を行うことを決意。マクロビオティックなど食事療法を研究する。

2010年(62歳)

よさこいソーランの指導のかたわら、日本各地を旅する。

2011年(63歳)

6月、指導チームの「粋~IKI~北海学園大学」がよさこいソーラン祭りで準大賞を受賞。7月に体調不良を訴え翌月入院。退院し自宅療養していた9月29日(木)15時15分札幌市中央区の自宅にて永眠。10月2、3日に行われた葬儀にはおよそ1000人が参列し故人との別れを惜しんだ。その多くが教え子と学生たちであった。